養老町ファミリー・サポート・センター事業

令和3年4月1日に開設予定です

 ファミリー・サポート・センターは、子育てを手伝ってほしい人(利用会員)と子育てのお手伝いをしたい人(サポート会員)がお互いが会員となり、地域で支え合う相互援助活動組織です。

 

会員の条件(事前登録が必要です)
<利用会員(子育てを手伝ってほしい人)>
・生後1か月から小学校6年生までの子どもの育児に係る援助を必要とする方。

 

<サポート会員(子育てのお手伝いをしたい人)>
・満20歳以上の心身ともに健康な方で、相互援助活動に対し理解と熱意があり、自宅
等での預かりや送迎ができる方。
・資格や性別は問いませんが、岐阜県やセンター等が実施するサポート会員養成講座を修了した方。
(保育士等の専門資格を有していても、養成講座の修了は必須となります。)

 

援助活動の内容
サポート会員は、以下の子育て援助を行うことができます。

子どもの年齢又は学年区分  相互援助活動の内容
生後1か月~生後5か月 (1) 利用会員同伴の健診等の付き添い
生後6か月~小学校6年生  (1) 保育所、認定こども園、小学校、留守家庭児童教室の始業時間前又は終業時間後の子どもの預かり
(2) 冠婚葬祭や兄弟姉妹の学校行事等の際の子どもの預かり
(3) 買い物等の外出の際の子どもの預かり
(4) 前各号に規定する援助に伴う子どもの送迎
(5) その他町長が適当と認める育児支援

※子どもを預かる場所は、原則として会員の自宅としますが、会員間の合意によりその他子どもの安全が確保できる場所も可能です。
※宿泊を伴う預かりは行いません。
※病児・病後児の援助活動は行いません。
※家事援助は行いません。
※投薬等の医療行為は行いません。
※一度に預かることができる子どもの人数は、サポート会員1人につき原則として1人とします。
※子どもの引き渡しは、原則、大人から大人とします。ファミリー・サポート・センターの活動は、子どもを一人にしないよう保護者に代わって預かりや送迎を行う活動ですので、「大人から大人」へ子どもを安全に受け渡すことができるように活動内容を工夫しましょう。

 

利用料金

<利用料金表(子ども1人あたり)>

区 分 利用時間帯 利用料金
平 日  8:00~17:00 700円/1時間
7:00~8:00、17:00~21:00 800円/1時間
土・日・祝日 8:00~15:00 900円/1時間
7:00~8:00、15:00~21:00 1,000円/1時間

・事前打ち合わせは、別途1回500円です。
・最初の1時間は、それに満たない場合でも1時間とみなします。
・1時間を超える活動については、それ以後は30分単位で上記の利用料金の半額を加算します。
・きょうだいで依頼する場合は、2人目から利用料金が半額になりますが、安全面を考慮して、サポート会員1人に対し、子ども1人の援助活動を推奨しています。
・送迎の場合は、サポート会員が自宅を出発して帰宅するまでの時間を含みます。
・実際の活動前に、経路の確認や慣らし活動などが必要であれば、活動とみなし、利用料金の対象となります。
・原則として食事(おやつ、ミルク等)、オムツは、利用会員が用意してください。
・援助活動にかかった実費(ガソリン代、駐車場料金等)は、利用会員がサポート会員に支払ってください。

 

会員登録
登録時に説明(約30分)がありますので、電話で予約してから子ども課窓口にお越しください。

 

援助依頼
援助の内容を決めるため、事前打ち合わせが必要です。援助依頼の詳細は会員登録時に説明します。

 

事前登録について
令和3年2月1日(月)から利用会員、サポート会員の事前登録の受付を開始します。
事前に予約のうえ、子ども課窓口までお越しください。
・会員登録時必要なもの
 本人確認書類(免許証等の住所がわかるもの)
 資格証の写し等(サポート会員のみ)

 

予約先    養老町役場住民福祉部子ども課 電話0584-32-5078(直通)
予約受付時間 平日 9:00~17:00

 

養老町ファミリー・サポート・センターの説明動画をYouTubeで公開しています。

 

様式等

(利用会員)登録申込書

(サポート会員)登録申込書

ファミサポ・チラシ

 

注意事項

・援助活動は、会員間の「準委任契約」に基づいて、依頼された内容の範囲内で行うものであり、専門的な保育を行うものではありません。

・援助活動は、会員同士の合意により決定して行うものです。援助活動中に事故が起きた場合は、基本的に当事者間で解決していただくことになります。

 

※新年度実施予定の事業のため、内容が変更になる場合があります。